YouTubeで再生回数を増やす為に超絶大切な3つのこと

 


五木田遼介
どうも、ごっきーです。

ハミダシ者の仲間たちと自給自足のコミュニティをやってます!

プロフィール&理念

 

YouTube(ユーチューブ)に動画を投稿している方であれば
みなさん再生回数を増やしたいと切に願っていますよね?

動画をアップロードしているいるのにもかかわらず
再生されたくないなんて人はきっと

“ただのマゾ”です(笑)

なんかのプレイですか?それともシャイなんですかね?笑

それではYouTubeの視聴回数を増やすには
いくつかポイントがありますのでしっかりと意識してYouTubeを攻略していきましょう。

2018年以降のYouTubeはAIの発達や収益化審査基準の強化で裏技的なやり方が通用しなくなってきます。

再生回数を増やすサイトやチャンネル登録者を購入するようなことはやめましょう!

正々堂々とポイントを抑えた運営をして視聴者やYouTubeさんに好かれるようにするのが一番の近道ですよ^^

それではいってみましょー!

 

ユーチューブの再生数を増やすには見た目が命!

YouTubeといえば動画投稿サイトです。

そんなの当り前ですよね!笑

しかし、だからこそ多くの方は動画のクオリティーにばかり意識が行き過ぎです。

これは多くの“再生回数の伸びない動画投稿者あるある”なのです。

 

動画の再生数=クリック数

 

であることをまずは大前提といて覚えておいてください。

その上で、クリックされるかどうか?に影響するのは動画のクオリティーではなく

視聴者が動画に行きつくまでの導線…すなわち

サムネイルとタイトル

なのです。

 

まずはYouTubeを開いて動画をみている視聴者になったとしてイメージを膨らませて下さい。

 

視聴者の行動パターンは

検索する or トップページから気になる動画を探す

気になるサムネイルをみて目を留める

タイトルをみて気になる内容であればクリックする

このような流れになります。

※注釈 ちなみにサムネイルとは動画ごとについているアイキャッチ的な1枚の画像です。どんな動画なのかを表す為にタイトルと一緒に画像が1枚ついてますよね?あれです。

 

サムネイル編

視聴者が数ある動画の中からどの動画をクリックして再生するかを決めるすべての入口はこのサムネイル、通称サムネです。

サムネイルがキャッチーであり、目立ち、ついつい目を留めてしまうような画像であれば多くの視聴者のクリックを獲得でき、再生数が伸びるのです。

この2つのサムネイルをご覧ください。

どうですか?

ジャンルは同じランキング系の動画なんですが

明らかに後者のサムネの方がクリックしたくなりませんか?

前者は背景と文字が同系色なのであまり目立たないです。

それに対して後者は文字は入っていないですが、インパクトがありますよね。

 

クリックしたくなるサムネイルを学ぶには、
再生回数が伸びている動画のサムネイルを多く見て学ぶことです。

 

ちなみに前者のサムネの動画の再生回数は
1年間で約1万9千回再生、後者は4か月で168万回再生です。

 

さてサムネの次はタイトルですよー!

 

タイトル編

YouTubeで再生数を増やすためにすべきポイントである「見た目」の中でも

最重要なのはこの「タイトル」です!

タイトルには大きく分けて2つの側面があります。

①キャッチコピーとしての側面

②キーワード(需要)としての側面

です。

 

①キャッチコピーとしての側面

については、サムネイルの延長で

サムネイルで視線を留めた視聴者がその動画をクリックするかどうか判断する決め手になります

「面白そうだな」

「気になるな」

「なんやこれ!」

とにかくこのような感情にするために魅力的なタイトリングを意識しましょう。

この魅力的というのは難しいのでより具体的なタイトル付けをマスターしたい場合は

大量の練習と添削を受けていただくといいです。

自力で学ぶ場合はサムネ同様多くのヒット動画のタイトルを比較検証してみて下さい。

もし添削して欲しい場合は下記のメルマガに返信する形で連絡下さい!

返信する際は冒頭に添削依頼の件と入れていただくと助かります。

添削を依頼する

 

 

②キーワード(需要)としての側面

に関しては、YouTube上でそのタイトルに含まれるキーワードに需要があるのか?という

そもそもの大前提の話になります。

 

キーワードというのは、サイトやブログを作るときにも、YouTubeのタイトルを作るときにも

インターネット上のメディアを運営するのであれば避けて通れない事です。

なぜなら、インターネットのメディアに行き着くための入口である「検索」とは

すべてキーワードから導き出されるからです。

YouTubeでもそれは同様で、

例えば、「星野源の最近のライブ映像が見たいなー」と思って検索するときに

星野源 ライブ 2017

って検索して、かわいい犬の動画がでてきたら困りますよね??

 

だからあなたの投稿した動画に多くの人々が行き着くためには

このキーワードを適切かつ需要のあるものにする必要があります。

売れてないバンドマンが、まだ売れてない自分のバンド名をタイトルに入れても

残念ながら検索されないし、再生は伸びないのです。

需要のあるキーワードをタイトルに入れつつもあなたの動画で表現したいことを表現するしかないのです!

 

需要のないキーワードで32回くらいしか再生されない(しかもほとんど自分と友達のみw)動画を投稿するのと、タイトルをしっかり研究して少しでも多くのひとに視聴してもらうように努力するかは

あなた次第。

 

中身も大切!再生時間と視聴維持率の関係性

ここまではサムネイルとタイトルという、外見の大切さをお話ししました。

2つめは中身も大切だよってお話です。

あたりまえの話ですが、サムネイルとタイトルをみている段階では

その動画がどんな動画なのか実際にはわかりません。

クリックしてみないと中身はわからないのです。

だからこそ、前の章でお伝えした通り、サムネとタイトルさえしっかりと作れば

どんな中身の動画でもクリックはされるのです。

 

でもですね、、、めっちゃイケメンでも中身が伴わなかったら長続きはしないじゃないですか?

YouTubeもクリック率がどんなによくても、動画の中身がダメダメだったら再生数は伸びないようにできているのです。

では挿画の中身の良し悪しはなにできまるのか?

それが、再生時間と視聴維持率になります。

そもそもYouTubeさん側も、映像のクオリティーは計測することはできません。

数値でその動画を評価するしか方法がありませんので、

視聴者が動画をクリックしてから、どれくらいの時間その動画を視聴したのか?

という数値で動画の質を判断しています。

 

クリックした後にすぐに他の動画に移ってしまう視聴者が多ければ

再生時間も視聴維持率も低い⇒ダメダメ動画

という評価になりますので。

 

しっかりと他の動画に浮気されないような、中身も伴った真のイケメンになることが

再生数を増やすための重要な要素なのです。

 

再生時間・視聴維持率をあげるとどうなるの?

再生時間や視聴維持率をあげていくとYouTubeさんからも

「おっ、この動画ええこ子やん」

って評価をいただけます。(なぜ大阪弁かはわかりませんが。笑)

 

そうすると、その動画のキーワードを検索されたときに

上位に表示してくれたり、次の章で説明する関連動画にものりやすくなります。

 

YouTubeで再生数を多く獲得するためには

たくさん露出する必要があります。

簡単にまとめると

再生時間や視聴維持率が長い

いい動画だとYouTubeが判断してくれる

検索や関連動画で露出してくれる

再生数が伸びる

というメカニズムになります。

 

ここで前の章でお話した外見の部分(サムネイル・タイトル)が良ければ

さらにこの好循環が加速して、YouTubeでの再生回数がグングンとのびていくのです!

 

まさに外見よし、中身よし!

真のイケメンってことです(笑)

 

再生時間・維持率をあげるための具体的な方法

みなさんは普段TVでバラエティ番組やドラマは見てますか?

テレビには再生時間や視聴維持率を伸ばす為のたくさんのヒントが隠れています!

TV番組も視聴率を競っていますよね?

多くの人に、他のチャンネルに変えられることなく最後まで見てほしいので
そのためにいろいろなノウハウを使っています。

例えばCMの入る直前です。

特にバラエティなどでは次のような構成になってないですか?

 

「このあと衝撃の展開が!」

「モザイクの正体はCMの後!」

 

要するに『焦らし』です。

この後続きを見ずにはいられないような展開、構成の動画を作ることが重要になります。

なんでもかんでも動画の前半で伝えずに、
中盤や後半に取っておいて、引っ張るような意識で作成しましょう。

 

もう一つ再生時間や視聴維持率に大きくかかわるポイントは

『ストーリー性』です

映画や、連続ドラマをイメージしてください。

ストーリーのあるものや、続きがあるものは途中で視聴をストップしづらいのです。

だから、しっかりと魅力的なストーリーを構成できれば

動画から途中離脱が減り、再生時間や視聴維持率が伸びていきます。

 

あなたが普段見ているTV番組でついつい最後まで見てしまうような番組を

「何が魅力的だったんだろう?」

と分析しながらみてみるのをおすすめします。

・焦らし

・ストーリー性

是非意識してみて下さい!

 

必殺!関連動画を制する者はYouTubeを制する

YouTubeが初心者でも、後発組でも参入しやすい方法理由として

この関連動画という仕組みがあります。

YouTubeを見たことがある方ならわかると思いますが

YouTubeでは現在再生されている動画の周りに

他の動画が関連としてでてくるような仕組みになっています。

PCであれば、画面右のスペースにズラッと並んでますよね。

スマホですと、再生してる動画の下の部分や、
再生後に関連やおすすめの動画が出てくるようになります。

 

みなさんもその関連動画の中から、面白そうなサムネやタイトルを見てクリックしていくうちに

「2時間もネットサーフィンしちゃった」なんて経験ありませんか?

YouTubeとしても、一度YouTubeに訪れてくれた視聴者には、YouTubeのプラットホーム内でぐるぐると滞在してもらって

より多くの広告を見てほしいという狙いがあります。

だから「ついつい見ちゃう仕掛け」として関連動画機能が備わっているのです。

 

この関連動画に自分の動画が表示される機会を増やせれば再生回数は爆発的に伸びていきます。

関連動画により多くの動画を載せていくための方法はたくさんありますので

より具体的な方法を知りたい方はメルマガ内でしょっちゅう解説しているので

登録して勉強してみて下さい。

YouTubeの全体像が学べる50分のセミナー動画もプレゼントしています。
メルマガ登録してプレゼントをももらう

 

 

まとめ

YouTubeで再生回数を増やす為に超絶大切な3要素をまとめると

・外見(サムネタイトル)を強化することで多くの人に、たくさんクリックをしてもらう

・中身(構成ストーリー)を強化することで再生時間・視聴維持率を伸ばすことでYouTubeから良い動画だと認識してもらう

・YouTube独自の仕組みである“関連動画”にのることで露出の機会を増やす

このようになります。

 

この3つの要素は複合的です。
正直どれが欠けても、大きなヒットにならないのです。

すべてが絡み合った時に大きなヒットが生まれますので、

しっかりと意識してもう一度自分の動画を見直してみてください。

 

目を引くようなサムネイルは設定していますか?

タイトルには需要のあるキーワードは使われてますか?

人気の動画の関連動画にはのれてますか?

 

全ての要素がしっかりと合致した時、数万、数十万、数百万回再生と、大ヒット動画が生まれることでしょう。

 

YouTubeアドセンスで月収55万を最短で達成させる思考を学びたい方は

以下のフォームから登録して頂くと、コンサル生向けのオープニングセミナー動画を無料でプレゼントしています

↓↓↓