【YouTube VS バズビデオ】稼ぎ方の違いと攻略のコツ2019

 


どうも五木田です。

2019年現在、ずばりYouTubeとバズビデオ(トップバズ)で稼ぐ為ための違いと極意をつらつら書いてみます。

実際にYouTubeの稼ぎ方を教えるコンサル、BuzzVideoでの稼ぎ方を教えるコンサル、両方のコースを二刀流で教えるコミュニティを運営していますので、複数の実体験や実績をもとに書きます。

YouTubeコンサルメンバーの実績
https://gockyz.com/archives/category/testimonial

バズビデオで稼ぐメンバーへのインタビュー記事
⇒(※執筆中)

2019年動画ビジネス対決!副業にするならオススメは?

難易度はYouTubeが上

自由度や将来性、稼げるアッパーの収益などもYouTubeに軍配

 

収益化までのハードルの低さや側近性は圧倒的にバズビデオ 

作業や必要なスキルの難易度もバズビデオのが低いです

 

バズビデオとYouTubeの違い

バズビデオ

ショート動画中心

検索よりはAIのオススメ展示のアルゴリズム

運営会社は中国のバイトダンス(TikTokの運営会社)

収益化の審査通過まで最短で1日〜2日

動画はオリジナルを推奨しているがほとんどが別媒体からの転載

単価 1再生(クリック)あたり、低い場合で0.02円

高い場合で0.2円

攻略方法

稼ぐ為のポイントは複数のアカウントを運用して稼ぐイメージ

アカウントは使い捨て

報酬単価がアカウントごとに決まっている

投稿内容で単価は変動する

 

YouTube

動画の長さはバラバラ!長い動画も多数

検索からの流入や関連動画からの流入がある

チャンネル登録者を増やしてアカウントを育てていく必要がある

運営はアメリカのGoogle社

収益化の条件がチャンネル登録者1000人以上4000時間

条件達成後に審査あり

収益化までの期間やハードルがやや高い

稼げる金額は青天井、YouTuberドリーム!

オリジナル動画のみ推奨。転載はNG、著作権などにもとても厳しい

攻略方法

2019年現在参入者も多くとてつもなく大きな市場

世界一の動画プラットフォーム

チャンネルがBANされないように根気よく長期的に育てていく

無名時代は検索や関連動画を意識したキーワードを使って露出していく必要がある

YouTubeはとにかくリサーチして参入ジャンルをしっかり決めることと

それ以前にYouTubeを使って何をしたいのか?を明確にすることが大切です

ここはYouTubeを始めようとする多くの方が最初に理解せずに痛い目を見る点です。

別記事で詳しく書くので読んで欲しいです!

⇒YouTubeを始める前に必ず考えておべき3つのこと(※執筆中)

 

とにかく早く結果(収益)をだすならバズビデオ

2019年現在バズビデオは本当にネットビジネスの中では稼ぎやすいトップ3に入ると僕は感じています。

でも、いつまでこのハードルでできるかはわかりませんので

ビジネス初心者でいち早く結果を出してみたい方にはオススメです。

収益化が早いというのは、やる気やモチベーション維持にはメリットに働きますからね。

BuzzVideoでサクッと結果を出した後にとるべき出口戦略をしっかり持っておけば良いです!

⇒バズビデオで稼げたら「外注化」をして空いた時間で別の柱をつくるべし(※執筆中)

 

長期的に事業として or 趣味として取り組むならYouTube

YouTubeは本当に知らない人がいないんじゃないか?というくらいメジャーな動画プラットホームになりました。

2019年は、たくさんの芸能人やタレント、お笑い芸人、アイドルなどもTV業界からYouTubeに参戦してきています。

プラットホームも成熟してきて、その分、規約やコンプラは厳しくなってきている印象です。

だからこそ、数年前に比べると収益化のハードルは上がっています。

しかし、これだけに認知度とユーザー需要がありますので、ちゃんと取り組んで強いチャンネルを育てていくと稼げる額や、その後の安定性はバズビデオの比ではありません。

また、稼ぐことを目的とせずにYouTubeという動画投稿サイトを楽しんだり、自分がユーチューバーとして人気になることを目的に取り組むならばとても健全で良いプラットホームだと思います。

⇒YouTubeを始める前に必ず考えておべき3つのこと(※執筆中)

 

まとめ

バズビデオとYouTube、どちらも動画投稿サイトですが

稼ぐ為のノウハウやコツも全く違うものです。

自分の状況と、どんなことを目指して取り組むのか?をしっかり考えてみてください。

 

バズビデオもYouTubeもどちらも学べて、

どちらを実践してもOKなオンラインサロン「自給自足club」を運営しています。